愛知県刈谷市のアンティークショップ/カフェ/デザイン建築工務店 ドルフィンスクエア

CONCEPT

私たちが素敵だと思うこと

世界のトレンド発信地ロンドンでの最新デザインの建築は、世界の注目を浴びそして世界中に伝播してゆきます。古い建物を壊して目新しい建築を建てるのが最新なのではなく、先人の築いてきた歴史を尊重しつつテクノロジーを融合させて新しいものを生み出してゆくのが最新だからです。

150年以上経たレンガ造りのビルの外観はそのままに、内部のみを造り直すというとてつもなく大掛かりなプロジェクト群が、巨大都市の文化を成熟に導く大きな原動力になっています。何世代にも渡り受け継がれてきた「価値あるもの」を絶やさずに未来に繋げたら素敵だと思いませんか。

photo_01_1

上質な空間を実現するための原動力

photo_02_1

ロンドンをはじめヨーロッパに根付いている価値あるものを育む文化に深く感銘し、私たちは上質な空間づくりに取り組んでいます。工場で生産された既製品を組み立てれば出来上がる「作り易い空間」には無い、設計者や職人の「情熱が生み出す上質さ」を私たちは大切にしています。

一方で、空間づくりにおいては、こんな部材があったらいいなと探してみても案外無かったりします。例えば、アンティーク・ステンドグラスの入ったエレガントなドア、曲線の綺麗なバルコニーフェンス、重厚感ある門扉や照明器具など、デザイン、サイズ、材質、価格にこだわると、これはという物が見つからないのです。「どれだけ探しても無いのなら、作ってしまおう」と、探求心が自らをオリジナル制作に突き動かし、お客様に喜んでいただける空間を生み出す原動力になっています。

「アンティークのある暮らし」という価値観

photo_03_1

古いものを手に取った時、それが作られた時代にどういう思いで作られたのか思いを巡らせてみましょう。例えば、100年前のイギリスで職人が真心を込めて手作りしたものが、多くの人に大切にされ続け、幾多の災害や戦争を切り抜け、壊れることなく日本にやってきて、今ここにあるのだと思うと感慨深く感じられます。

ただ古いというだけでなく、人々に大切にされ愛され続けてきたものは、格別のオーラを発しているようです。さて、今自分が手にしているこの価値あるものをどうしたら未来に届けられるのでしょうか。自分が直接届けることができないのであれば、建築空間に溶け込ませ、人々に愛され続けながら未来へ届けられないものかと思うのです。タイムカプセルに入れて100年後にダイヤルセットして眠らせればいいという訳ではなく、価値あるもの自体がずっと人々の傍にあって、触れてもらいながら100年間愛され続けなければ意味がないのです。古いものにどんな価値があるのかを理解し、どのように建築空間に取り入れると魅力的に活かせるのかを提案することが、私たちの役割だと考えています。

DOLPHIN SQUAREでは2019年に社屋を建て替え、一級建築士事務所、デザイン建築工務店、アンティークショップ、カフェ、集合住宅など、ひとつひとつが個性的でアンティークの新たな魅力を楽しむことができる新社屋を建設しました。その新築工事には多くのアンティーク部材を活かした空間を造りました。私たちが20年以上大切にしてきた「アンティークのある暮らし」という世界観を共有していただけたら幸いです。

GALLERY

ドルフィンスクエアのデザインソースとなっている、自らが訪れ感激した空間をご紹介します。

Visual Portfolio, Posts & Image Gallery for WordPress